遊魚注意事項

栃木県からの解禁延期要請が解除されるまで、マス類の持ち出しを固く禁止します。遊漁においては、毛ばり釣り及びルアー釣り以外の漁法を用いてはならない。釣針はカエシの無い釣針以外のものを用いてはならない。
上記事項はヒメマス、ワカサギを除く。

◆遊漁する際は遊漁券取扱所にて日釣券を購入し、見える所に着けて釣り場へお入り下さい。
◆日釣券は他人に貸与せぬこと。なお、再発行は致しません。
◆制限竿数は、岸釣りお1人2本以内、船釣り1隻4本以内まで。
◆資源保護に伴う乱獲防止の為、ヒメマスは1日30尾までとし、全長15㎝以下のヒメマスは採捕してはならない。制限尾数  超過防止のため、立ち入り調査を適宜実施します。
◆遊漁時間は必ず厳守して下さい。船の利用者は4時出港・帰港時は遊漁時間終了後速やかに戻ること。
◆漁協専用桟橋以外の桟橋、私有地をご利用の方は、所有者の許可を得てから使用して下さい。
◆車は駐車場をご利用下さい。又車上荒らしにご注意下さい。
◆大使館前の湖岸での釣りはご遠慮下さい。
◆環境保全のため、以下の行為を禁止します。
 • まき餌・よせ餌、シンカーリリース
 • 中禅寺湖に棲息する魚介類以外の持込み 及びブラックバス類の密放流(放流すると、法律により罰せられます)
◆船での遊漁を行う際は、以下の事項を順守して下さい。
 • 環境省及び当組合が承認した遊漁船以外は使用できません。操船の際は小型船舶操縦免許証が必要です。
 • 乗船定員は小型船舶検査機構の船舶検査証書に記載されている定員以内とし、必ず救命胴衣を着用すること。なお、
  悪天候になったらすぐに出船した場所又は安全な場所に避難すること。
 • 組合が定めた期日・区域以外はアンカー・ロープ等で船を 固定しての釣りはお断りします。
 • 周囲の安全確認を怠ってはいけません。遊覧船等に注意し、進路を妨げないで下さい。
 • フローターチューブ、カヌーでの釣りは出来ません。

 組合は遊漁者がこの規則に違反したときは直ちにその者に遊漁の中止を命じ、または以後その者の遊漁を拒絶することが あります。この場合、既に納付した遊漁料の払い戻しは致しません。        
                                                          (2017年4月1日から)

 

events.htmlへのリンク